エントリー

新型コロナウイルス感染症の発生について

koronauirusu.jpg

岡ちゃんブログ

『ナース』に最敬礼を‼

 

『天使とは美しい花cherryblossomをまき散らす者ではなく、

                 苦悩する者のために戦うpunch者である』

 

近代看護に多大な貢献をしてきたフローレンス・ナイチンゲール女史hospitalcloverの言葉だ。

5月12日は『国際看護師の日』。ナイチンゲールの誕生日presentbirthdayにちなみ制定された。

1820年英国の富裕層の令嬢virgoとして生まれるも、クリミア戦争bombの最中、

看護師として従軍。看護師38名を率いて、野戦病院hospitalの総責任者として着任。

軍医に反対されるも、非人間性はびこる戦場で区別も差別もなく、自らを犠牲にして

看護を率先垂範し、数多くの傷病兵を救った。

「ナースコール」や「お湯を各階に通すパイプの取り付け等」時間を空けては

患者の声に耳earをかたむけた。

毎夜、ランプを片手に夜回わりを欠かすことなく看護を続け、やがて、皆は、

彼女を『ランプの貴婦人wine』と呼ぶようになる。

看護師を『白衣の天使』と呼ぶのは、彼女の看護の姿に由来すると言われている。

彼女を中心とする看護軍団は、野戦病院hospitalの死亡率を42%から5%まで激減させ、

大きな病院改革の成果を出した。

 

母国shipに帰省した負傷兵達は、口々に彼女達の偉業を国民に伝え、ナイチンゲール

は国民の英雄crownとなった。

彼女は『クリミアの天使』として、英雄に祭り上げられるのを嫌い、密かに人知れず

帰国shipし、看護師チームをホテルbuildingに集結させ、病院内の状況分析を行い、死亡原因

の統計資料を作成penbookし、今日でも『レダーチャート』として使われている

統計学の先駆者crownともなった。

 

感情論weepや、建前論confidentではない。理論と数字の正当性で説得させる。

彼女は、真の優しさは強くrockupならなければならないという強靭な精神sign05

持主でもあった。

 

一年余のコロナ禍typhoonにあり、ケアや感染の抑止への区別も差別もなく、

誠心誠意heart02取り組まれている看護師をはじめ、医療従事者、全ての皆様の献身を忘れまい。

     「白衣の天使」に最敬礼を‼

         

         元新聞記者memo コラムニストpen 岡ちゃんwink

ナースケア広報誌

  • 2021/04/08 13:32
  • カテゴリー:広報誌

202104_1.jpg

202104_2.jpg

岡ちゃんブログ

450-20120310092039109411.jpg

「働きバチ」さん

今朝の朝食は、コーヒーcafeと、ゆでタマゴ、野菜サラダ。

そして、トーストbreadに「ハチミツ」を塗って食べる。

この「ハチミツ」が甘くて旨いhappy02

 

cherryblossomが来た。野に山fujiに緑が広がり、あちこちに花が咲き始めた。

花の薫りに誘われるように”ミツバチさん”が活動を始めた。

ハチミツを得るには、ミツバチを飼って収穫する「養蜂」が必要だ。

この養蜂は、紀元600年代から行われていたという記録があり、

随分古くから日本人はハチミツに親しんでいたのですね。

ミツバチさんたちは、どうやってハチミツを作っているのでしょうか?

ハチさんに役割があり、まず「働きバチ」が花の蜜を採りに行きます。

採りに行く先は、レントゲンやアカシヤ、ミカンfullmoonの花が主流で、

花の種類によってハチミツの香りや味わいが変わります。

 

働きバチは一回の外出で約40ミリグラムの花tulipの蜜で「蜜のう」(胃)に

蜜をいっぱいにして巣に持ち帰ります。自分の体重の約半分の重さです。

戻ってきた働きバチは、巣の中にいるハチに蜜を渡します。

中にいる働きバチの次の仕事は、巣の中で、羽ばたいて風を送ります。

さらの、口でかき混ぜて花の蜜の水分を蒸発させるのです。この作業にミツバチ

が持ってくる酵素が加わり、私たちが口にするハチミツの完成となります。

この働きバチさんのお陰で、甘くて美味しい栄養満点のハチミツがいただけます。

在宅で美味しいもの食べようhappy01

ちょっとした工夫で食事は豊かになり、栄養も摂れストレスも取れます。

今回は”ハチミツ”を紹介しました‼

 元新聞記者penコラムニストpen岡ちゃんhappy01

岡ちゃんブログ

 ファイト!!

コロナに関連した差別や偏見cloudが今も続いている。

医療従事者hospitalに対する風評被害が昨年10月から700件近く報告されている。

 

医療従事者はhospital「保育園などの利用を拒まれた」

「美容院hairsalonの予約をキャンセルされた」

「保育所や学校内hotelの子どもが隔離された」

最前線で奮闘を続ける医療従事者hospitalに加え、その家族もつらい思い

をしている現状は、あってはならないことだ。

感染者への差別も後を絶たない。

感染したことを理由とした解雇や、回復したにも関わらず職場復帰を

認められないとの相談も数多く寄せられているという。

 

『ファイトsign03闘う君の唄を、闘ない奴等が笑うだろう』

ファイトsign03 冷たい水の中を、ふるえながらのぼってゆけ。

暗い水の流れに打たれながら、魚たちfishが、のぼってwaveupゆく。

光ってshineいるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから、

いっそ水の流れに身を任せ流れ落ちてしまえば楽なのにね。

やせこけて、そんなにやせこけて魚fishたちはのぼっていく。

勝つか負けるか、それはわからない。

それでも、とにかく戦いの出場通知を抱きしめて、

あいつは海waveになりました。

ファイトsign01闘う君唄を、闘わない奴等が笑うだろう。

ファイトsign01 冷たい水の中を、ふるえながらのぼってupupゆけ。

(中島みゆき歌集より抜粋)

 

コロナ禍の長期化による不安やストレス、感染症に関する誤解が、

差別や偏見の背景にあると指摘されている。

だからといって、誹謗中傷や不当な扱いは断じて許されない。

 

木中xmasの花、桜cherryblossomも寒さにじっと耐えている。

もうすぐ、春爛漫cherryblossomの時を迎え、一気に咲き誇る太陽の季節はやってくる。

「ファイト!!」

 

元新聞記者penコラムニストmemo岡ちゃんwink

 

岡ちゃんブログ

「エール」

高知中央高校の生徒、教職員のクラスターが発生したとマスコミtvが報道した。

東京で戦った女子バスケットチームbasketballだ。

全国で初のベスト3!の快挙sun

選手達、関係者はどれほど喜んだ事か。

 

コロナによって喜びは一転した。

感染した生徒達は何も悪くない。「名誉の負傷者」だ。被害者なのだ。

悪いのは、目に見えない色もない「コロナ菌」だ。

みんな、早く元気になって、グランドに帰ってきてね。

 

私の身近な関係者が感染してしまった。

東京で小学校の教師をしている。

生徒の父親が感染し、その子供も陽性反応が出た。

生徒の担任教師が、当事者で同じく陽性になった。

生徒、担任教師は2週間隔離され回復した。

復帰後も、教員仲間や保護者からは冷たい目でみられ、遠ざけられ、

避けられ差別を受けた。

 

誰も感染したいと思い、好んでかかっている訳でもない。

いろんな理由はあると思うが感染した人は悪くない。

誰も、決して差別してはいけない!

 

コロナは、他人事ではない。

今、現実に、この場所、職場、友人、家族、

そして、この自分に向かって来ている。

 

身近な関係者。それは、東京で教師をしている"岡ちゃん"の愛する長男坊だ。

 

この状況下で苦しんでいる人。事業が仕事が進まず、万策尽きたと出口が

見えない人。

勝つ事より、負けない事が大事だ。

闇が深いほど、黎明は近い。

snowは必ず、暖かい春cherryblossomを迎える。

 

皆でエールを送ろう。ファイト

「ガンバレ・ガンバレ‼ 〇〇さん

 

元新聞記者memo コラムニストpen 岡ちゃんdelicious

岡ちゃんブログ

          「糸電話」20198kj.jpg20198kj.jpg

 幼い時の想いでにありませんか?

 b0126653_3204475.jpg

 紙コップと糸を使った「糸電話」で遊んだことを。

 声を伝える糸がたるんでいたりすると相手の声ear

 聞こえなくなってしまう。

 

 声が電気flairに変わる?

 電話telephoneは声を電気に変えて電線で送り、送り先で再び声の形に戻したものが

 聞こえる仕組みです。

 今から140年前にアメリカのグラハム・ベルさんが、糸電話を参考にし、

 声を電気に変える電話を発明flairしました。

 電気は光shineと同様一秒間に約30万キロ(地球eacd11f78d22da0cdabad4228790ccc4.jpgを7回半回る)も進みます。

 高知から一万キロ以上離れたフランスの人と電話しても目の前にいる

 ように話ができます。

 

 なぜ、電線がなくても電話がつながるの?

 電源を入れると携帯電話(スマホ)mobilephoneで電話がつながる。

 携帯電話には電線が付いていませんが、電波による

 「目eyeに見えない電線」を利用しています。

 携帯から発せられた電波thunderは、すぐ近くにある「無線基地局」に届くと、

 電線を伝わり、そして通話相手の近くにある無線基地局までたどり着くと、

 再び電波thunderとなって携帯電話mobilephoneに届き通話が成り立ちます。

 

 携帯電話mobilephoneは当初は図体が大きく、重さも5キロ近くあり、リュックサック

 のように背負って利用していました。充電はすぐに切れ話の途中で通話が切れ、

 今の若い人には考えられない不便gawkな携帯だったのです。

 

 今や厚さも数センチ、重さも軽く改良され腕時計watchタイプの機種も発売されて

 います。

 小さなスマホmobilephoneの中に、精密なデータがコンパクトに取り込まれ、ライン、

 SNSで簡単につながります。今後、さらにデザイン、機能の先鋭化は進んで

 いきます。

 

 "ベルさん"は、電話で高齢者を欺き詐欺annoyを働くために電話を発見したのでは

 ありません。

 

 声には、温度がある。

 自分のことを思っている電話の声を聞けば心は温かくheart01なる。

 他人の事を考えられない自己中心的な声を聞けば、心は冷たくheart03なる。

 声の温度は力punchshineとなり、温度は声を発する人の「相手を思う気持ち」

 の強さで決る。

 

 こういう時代こそ、「今年も元気で頑張ろうねhappy01!!」と声を届けるだけで、

 心が温かくheart01なる。

 「モシ! モシ!モシ!と」幼きころの「糸電話」のように真っ直ぐに声を届けようsign03

 

         元新聞記者memo コラムニストpencilmemo  岡ちゃんhappy02 

 

  

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願い

korona.jpg

岡ちゃんブログ

『かけがえのないあなたheart04heart01

師走の空は夜の星が冴えて美しい。

「はやぶさ2」airplaneのカプセルが地球に帰還した。

「リュウグウ」と呼ばれる小惑星mistで、直径わずか900メートルに

探査機を到達させ、試料の採取に成功した。

太陽系や生命誕生の経緯を探ることが目的だ。

リュウグウから、どんな゛玉手箱present”が開かれるか楽しみだ。

太陽系sunや生命誕生の経緯を探ることが目的だ。

リュウグウから、そんな゛玉手箱”が開かれるか楽しみだ。

 space_uchusen_bg.png

野口総一さんら4人を乗せた民間企業の宇宙船ship「クルードラゴン」1号機も

国際宇宙ステーションに無事ドッキングし、半年間滞在し、科学実験を行う。

民間の宇宙船としては初の本格運用で、一般人の搭乗も計画されており、

宇宙旅行の夢も現実となってきた。

 

地上から肉眼eyeで見える恒星の数nightは最大で8,600個ほどだとされる。

宇宙には銀河が約1000億あり、一つの銀河に約1000億もの恒星

が存在されるといわれる。

アンドロメダ星雲mistの中には、この地球と同じような星が約3億以上存在すると

天文学者は言う。

気の遠くなるような宇宙の拡大さ、そして絶え間なく爆発bombimpactを繰り返し

動き回っている星座night

人間も、この宇宙の一つの星であり、どこから来て、一体どこに行く

のだろうか。

半世紀前、初めて月面fullmoonに到達した、アポロ宇宙船のボーマン船長は、

月から地球を眺め『地球は青く輝きshineshineを放ち美しい‼』と

叫んでいた事が忘れられない。

宇宙に来た人は、美しい地球を見て、かけがえのない尊さを

感じるという。

 

コロナ禍typhoonの中、万策尽きたと思う時もある。

しかし、宇宙から授かった貴重な生命。

ひとりの人間の尊い生命。

使命を宿した"かけがえのない”あなた。

今を元気happy01いっぱいに生きていこうよ!

来年も良き年でありますように。

 

夜空の星nightを眺めばがら想う日々かな。

 

元新聞記者memo コラムニストpen 岡ちゃんsmile

 

 

ナースケア広報誌

  • 2020/12/17 11:02
  • カテゴリー:広報誌

kouhousi-1.jpgkouhousi-2.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー