エントリー

カテゴリー:岡ちゃんブログ

岡ちゃんブログ

sannma.jpg

今回は落語を一席confident

「弁当を持て🍱」江戸時代、殿様が鷹狩りにう馬🐎で出掛けた。

空腹を覚えた殿様が、家臣に命じるが急なことゆえ用意がない。

そんな折、近所の農家で゛さんま゛を焼き始めた。

「これは何の薫りじゃ?」「さんまにございます。」

「さんまとは何じゃ?」「」下魚🐟にて高貴なお方が食するものではありません」

「黙れ!さんまもこれへ持て!目通り許す」

家人が農家に掛け合い殿様にも差し出した🎁

魚と言えば冷え切った鯛しか知らない殿様は真っ黒に焦げたさんまに驚くが、

食してみるとその美味なことlovely❕ 脂が乗った旬のさんまを焼きたてで食べたのだから

旨いのも当たり前。

大いに満足した殿様は「これからは毎日、さんまを用意せよ」

言うが、それを聞いた台所方、急いで💦日本橋の河岸から極上のさんまを仕入れてきた。

「こんな脂の多い魚をお出しして殿様のお身に障ったら一大事coldsweats02

と、蒸しに掛けて小骨を取り、椀ものにして差し出すことに。

殿様、怪げんな顔でそれを食すが、その不味いことbearing!

「これはいずれより求めたものじゃsign02

「ハッ!日本橋の魚河岸より獲れたてのさんまを仕入れてまいりました」

「ああ、それはいかん!さんまは目黒に限る」

 落語「目黒さんま」である。

 

数年前まで、高知のスーパーでは生さんま2匹百円の時代があった。

近年、さんまは記録的な不漁が続き、今年は過去最低だった去年の漁獲量を大幅に

下回る見通しだという。昨日、スーパーに足を運ぶと一匹350円也。

不慮の原因には日本近海の海水温上昇、台湾や中国の漁獲量増大が挙げられる。

旬の美味しいさんまを、しちりんで焼いて、ゆずfullmoonをしぼり、心ゆくdeliciousまで食べたいものだ。

゛さんまは缶詰に限る!゙とならないように。

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんブログ

今回はアメリカの詩人、サミュエル・ウルマンの「青春cloverの詩」を紹介しましょうdelicious

この詩には、年月を超えた、含畜の深い青春cloverのエネルギーを感じさせる。

          青春の詩」

青春cloverとは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

逞しき意志、優れた創造力、炎ゆる情熱怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春cloverと言うのだ。

年を重ねるだけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわが増すが、情熱を失う時に精神はしぼむweep

苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ、恰も、

長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまうthink

年は70でろうと、16であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

日くて「驚異への愛慕心」

夜空nightにきらめく星辰、その輝きにも似たる物事や、思想に対する欽仰、

事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味happy02

人は信念を共に若く、疑惑と共に老ゆる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。

希望ある限りに若く、失望と共に老い朽ちる。

大地horsexmasより、久より、美と喜悦・勇気を壮大

そして、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊力が絶え、悲嘆の白雪snowが心の奥までも蔽いつくし皮肉厚氷が、

これを固くとざすに至れば、この時にこそ、人は全てに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー