エントリー

看護小規模多機能ホームナースケア

令和2年11月1日月曜日 上町地区に 

看護小規模多機能ホームナースケア オープンsun

 

pannn.jpg   

看護小規模多機能ホーム ナースケア

〒780-0921 高知市井口町11 

📞 088-802-8567  FAX 088-802-8568

 

Pan.jpg

 

有限会社 ナースケア

〒780-0844 高知市永国寺町2番2号 ノアハウス3A

📞088-855-8305   Fax 088-855-8306

岡ちゃんブログ

               ゛一葉の葉 ”sasisuseso.jpeg

新型コロナ過typhoonの中で、あとわずかで年末を迎える。

今年ほど想定外catfaceが続き、考えられない辛い経験の日々を過ごした事はなかった。

コロナに負けずpunch屈服せずpunch運命の扉doorを開けてゆこうと歯を食い縛り、生き抜いてきた

人は数え切れない。

今年は、あの゛交響曲第九運命note “を作曲したベートーベン生誕250周年。

音歌に生き、作曲に生きゆくベートーベンBeethoven.jpgにとって生命の音が聞えず、

作曲家にとり、致命的な耳が聞こえず、どれほどか自己の宿命に泣いたcrying日々か。

けれど!!ベートーベンは敗けずに自己の運命を切り開いた。

゛もっと歓喜をupupと!″

かつて、彼は、自分が辛い時、家の回わりにリンゴappleの木や、菩提樹の木々clubを植樹し、自己の悩みを紛らはした事が自伝に伝えられている。

20歳年前にならうか、私もかつてウイーンのベートーベンの生家aiueokaki.jpg

を訪問した事がある。そこで、たくさんの勇気をもらった記憶が懐かしい。

その時、ベートーベンが当時植えた菩提樹の木clubが、堂々たる幹となり、大きく育っていた。

私は、そこで年輪を経た菩提樹の゛一葉の葉 itiyou.png“を記念に持ち帰り、押し花にして今も大切に保管している。

その葉itiyou.pngは、いつも苦難に負けるなrockと、時代を超えて語っている。

 元新聞記者pen コラムニスト 岡ちゃんhappy01good

岡ちゃんブログ

sannma.jpg

今回は落語を一席confident

「弁当を持て🍱」江戸時代、殿様が鷹狩りにう馬🐎で出掛けた。

空腹を覚えた殿様が、家臣に命じるが急なことゆえ用意がない。

そんな折、近所の農家で゛さんま゛を焼き始めた。

「これは何の薫りじゃ?」「さんまにございます。」

「さんまとは何じゃ?」「」下魚🐟にて高貴なお方が食するものではありません」

「黙れ!さんまもこれへ持て!目通り許す」

家人が農家に掛け合い殿様にも差し出した🎁

魚と言えば冷え切った鯛しか知らない殿様は真っ黒に焦げたさんまに驚くが、

食してみるとその美味なことlovely❕ 脂が乗った旬のさんまを焼きたてで食べたのだから

旨いのも当たり前。

大いに満足した殿様は「これからは毎日、さんまを用意せよ」

言うが、それを聞いた台所方、急いで💦日本橋の河岸から極上のさんまを仕入れてきた。

「こんな脂の多い魚をお出しして殿様のお身に障ったら一大事coldsweats02

と、蒸しに掛けて小骨を取り、椀ものにして差し出すことに。

殿様、怪げんな顔でそれを食すが、その不味いことbearing!

「これはいずれより求めたものじゃsign02

「ハッ!日本橋の魚河岸より獲れたてのさんまを仕入れてまいりました」

「ああ、それはいかん!さんまは目黒に限る」

 落語「目黒さんま」である。

 

数年前まで、高知のスーパーでは生さんま2匹百円の時代があった。

近年、さんまは記録的な不漁が続き、今年は過去最低だった去年の漁獲量を大幅に

下回る見通しだという。昨日、スーパーに足を運ぶと一匹350円也。

不慮の原因には日本近海の海水温上昇、台湾や中国の漁獲量増大が挙げられる。

旬の美味しいさんまを、しちりんで焼いて、ゆずfullmoonをしぼり、心ゆくdeliciousまで食べたいものだ。

゛さんまは缶詰に限る!゙とならないように。

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんブログ

今回はアメリカの詩人、サミュエル・ウルマンの「青春cloverの詩」を紹介しましょうdelicious

この詩には、年月を超えた、含畜の深い青春cloverのエネルギーを感じさせる。

          青春の詩」

青春cloverとは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

逞しき意志、優れた創造力、炎ゆる情熱怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春cloverと言うのだ。

年を重ねるだけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわが増すが、情熱を失う時に精神はしぼむweep

苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ、恰も、

長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまうthink

年は70でろうと、16であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

日くて「驚異への愛慕心」

夜空nightにきらめく星辰、その輝きにも似たる物事や、思想に対する欽仰、

事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味happy02

人は信念を共に若く、疑惑と共に老ゆる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。

希望ある限りに若く、失望と共に老い朽ちる。

大地horsexmasより、久より、美と喜悦・勇気を壮大

そして、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊力が絶え、悲嘆の白雪snowが心の奥までも蔽いつくし皮肉厚氷が、

これを固くとざすに至れば、この時にこそ、人は全てに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

ナースケア広報誌

  • 2020/09/16 12:40
  • カテゴリー:広報誌

住所変更のお知らせ

下記の施設の住所が変更となりました。

訪問看護ステーション
〒780-0844 高知市永国寺町2-2 ノアハウス2F
TEL.088-855-6012 FAX.088-855-6013

定期巡回・随時対応型訪問介護看護ステーション
〒780-0844 高知市永国寺町2-2 ノアハウス2F
TEL.088-855-3012 FAX.088-802-3600

ヘルパーステーション
〒780-0843 高知市廿代町15-31
TEL.088-802-4471 FAX.088-822-5980

メディカルケアホーム新設♪

高知市廿代町に、住宅型有料老人ホーム「メディカルケアホームナースケア」を新設しました!

詳しい内容は、【事業一覧】→【住宅型有料老人ホーム】にてご覧ください♪

 

講演のご案内

<講演のご案内>

講師:有限会社ナースケア 代表取締役 和田博隆

日時:2019年1月16日 17:30~18:45     

場所:立正佼成会附属佼成病院 観音ホール   
   (東京都杉並区和田2丁目25-1)    

初めてのドックセラピー★

  デイサービス

     「ライフ」heart02

     「暖」heart

  

   ペットビジネス専門学校より、「セラピードック」が来訪happy02

 

  セラピードッグはup

  触れ合いや交流を通じて病気やケガまたは精神的な痛手を受けた人の不安を減らし気力を高め心と体を

  癒す働きをする高度な訓練を受けた犬たちです。

 

 利用者の方々もとても、喜んでいただきましたapple

 

 

serapi.jpg

serapi1.jpg

デイ クリスマス会

 デイ ライフにて

   birthday「クリスマス会」が開かれましたpresent

 

  ゲストとして「思いつきバンド」の方が演奏に来られていましたpisces

  

  多職種で結成されたバンドです。

 

  ボランティアとして、地域の病院や施設で活動していますclover

 

  無料にて、演奏して頂ける生バンドですので、問い合わせは 「ナースケア」までsmile

 

    問い合わせ先:088-855-8305 担当 吉良lovely

omoitsuiki.jpeg

 

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー